藤の名所【亀戸天神】GW混雑状況と蕎麦ランチ&ご朱印【東京下町散策】

浅草で朝いちばん現場仕事があって早々に終わって10:30。
今、藤の季節なので浅草で藤を見られる場所はどこかと検索してみたら意外とない。 それでヒットしたのがこのページで。私の仏像の師匠・吉田さんの記事

そうか亀戸天神は浅草からも近いはず、東京名所の師匠ミスターUも「藤といえば亀戸天神でしょ、行くなら亀戸餃子ってのがあってね・・」って話していたな。
______________________

というわけで初めての亀戸
有名な藤の名所だけに多分亀戸史上1年で最もにぎわうのかも?この時期は外部からもたくさん人が押し寄せるとあってJR亀戸駅は駅員さん、警察総出で道案内、警備などしておられました。観光バスもいたよ。

【東京名所の師匠ミスターU】に教えてもらった
亀戸餃子は駅前にあるんですが、
DSC00463
11:15でこの行列。えーー有名なんだ。中を覗くと、あぁ小さいお店。がこんな行列って・・きっとおいしいんだろうなぁ。また次回。
DSC00464

*******************

藤の名所【亀戸天神】はJRの亀戸駅と錦糸町駅の中間で、どちらも徒歩15分ほど歩きます。都バスも出ていたけど2駅ほどだったので、歩きで街の様子を楽しむことに。
DSC00503

ぜんぜん先に進めない(笑) 若者がいなくて(そか、学校か)年配の人が多いので歩くスピードが渋谷の10分の1なのです。 先は見えているのですよ、皆小さいから。ガリバーになった気分でした。

観光地・浅草と違い、普段はまったりと地元のお年寄りが多いんだと思う、いい~雰囲気の街です。巣鴨とかとはまた違う、京都の北野天満宮付近のような、あれを江戸風にした感じ。あっ!天神さんの街、菅原道真さんゆかりってところも北野天満宮と同じですね。

電車の中で調べをつけていたこのお店【船橋屋】はくずもちで有名で、お土産に買おうと思ってたんだけどこの行列。
きっとおいしいんだろうなぁ。また次回
DSC00467
DSC00468

亀戸天神はすごい人、人、人
DSC00469

入口の所で11:30
唖然としていると真横のお蕎麦屋さん【にし田】というお店が「どうぞ~開店です、お入りください」と。これは入れというタイミング、ここで入らないと亀戸ではどこも満員で食べられないかも。
一番客人でした。
DSC00470

朝ごはんを食べてなくて餃子の口になっていたので、諦めた色々の事を考えるとザルそばだけじゃ物足りないと、こちらの名物カモのしゃぶしゃぶ1000円+蕎麦500円をいただきました。
ひとりで食べるには大げさなセッティングでちょい恥ずかし。
DSC00472

まっている間に続々と人が入ってきてあっという間に超満員。
相席のご夫婦のご主人が面白かった、
おしぼりの袋をパン!!って割る、奥さんの分もパン!って大きな音で。ややこしいのは店を出た向かいのテキヤさんがポン菓子で。時折パンって同じ音。お客さん皆にどちらのパンか振り返られるこの席。
DSC00475

「カモしゃぶもいいねぇ、天ぷらと迷うね」と話しかけられ、(するって~と)のような江戸弁。浅草の仲見世の話になり「あそこの揚げまんじゅうが・・人形焼きが・・」と盛り上がった。お年寄りと歩くテンポは合わないけど、話すテンポはちょうど合うなぁ。ゆっくりの江戸弁でした。

「お先に~」と席をたったその時、ご主人に「顔見世じゃなくて仲見世ね!」って大きな声で早口で言われて・・はっ!私、仲見世のことをずっと(顔見世の揚げまんじゅう)(顔見世のお土産屋さん)って話してたと気が付く(笑) 顔見世は歌舞伎やん。ずっと言いたかったけど言えなくて、最後に我慢できなかったんですねきっと。

さて!ようやく名所の藤

さすがに!立派です。お昼皆が昼食時でも凄い人で
確かにこれは集まるな。。藤ってすごいいい香りがするんですね。
DSC00479

さわさわ~って静かな風が吹くと香ります。
藤のアロマオイルってないのかな、調べてみよう
DSC00488

ぶどう畑のようにサクにひっかけるように咲く。
色も大好き、きれいな紫。去年 富良野で見たラベンダー畑よりもちょっと柔らかい和の紫、まさしくふじいろ

京都人なんでどうしても舞妓さんの頭のかんざしを思い浮かべてしまいます。
DSC00483

菅原道真さんは受験の神様として有名です。とっても頭がよくて早くに出世して天皇の側近にならはったのですが、妬まれてハメられて(?)どこかへ島流しされてしまったんですね。1000年前の話か
DSC00493

イベントも。美しい讃美歌で良かったです、ア~~メ~ン♪って思いっきり歌ってましたが、お寺も神社も心が広いのでありですね。
DSC00492

お参りもこの行列で、
春だけど焼けてしまうほどの陽気でほっぺたがじりじりしてきたので、ぺこりとお辞儀だけしてDSC00484

ご朱印を頂いて
DSC00495

亀戸天神を後にして

_____________________

向かいの道路に出たら浅草行きのバスがありました。
これに乗って浅草へ戻るのだ
20分くらいかな。

さっき、浅草にいたのに・・なんですが、ちょっと人当たりしたので人のいない癒しスポットへ向かうのです。太秦Kちゃんが先日行って良かった!という【待乳山聖天】浅草寺はさけてあの裏側。

DSC00508 DSC00518
仏像の師匠もここは浅草発祥の地で
浅草の隠れ名所で人が居ない癒し&おもしろスポットだと。
おそらく世界一ちっちゃなショートなケーブルカーにも乗りました。お供えは大根。
 DSC00509

それとここの浅草の藤の名所【曙湯】という銭湯。

タイミング良ければ入浴して大黒家の天丼でも食べて(まだ食べる)帰ってこようかと。
DSC00538
よかったよ、このコース。吉原の・・でちょっと怖かったけど

次の記事へ続きます。

http://www.tokyo-cafe.com/ueno-asakusa/5138/







コメントを残す