AX 赤坂,ランドゥメンヌ,パン,バゲット




ランドゥメンヌ赤坂&あのパリの味、バゲット探し

パリ旅行の時にゲストハウス1軒屋に4泊したんですが、その時に用意された朝食のバゲットの味に感動!パンの味が濃いの。なんてこおばしい香り・・バターなしでもすごくおいしい。「どこのパンですか?」と聞いたら「そこよ、そこのパン屋さん、ランドゥメンヌ」

そのランドゥメンヌが東京にもあると知って、あの味を再び~ってことで、行ってみることにしました。

現在東京に二店舗のみ、1つめのお店は麻布、最近できた2店舗目が赤坂。ということで赤坂へ。

それがね、グーグルマップで行き方を調べてみると千代田線赤坂駅よりも、国会議事堂前で降りろって出るんですよ。しかもよく見たら総理大臣官邸を斜めに突っ切れと。まじか。

無理無理、首相のおうちを通らせてもらえるはずはなく、通り抜けできません。そこら中に警備さん配置の物々しい駅周辺です。

それでも歩いて5~10分で、ランドゥメンヌに到着。大通り沿い。

かわいい店内。照明とか、ロゴとか。

1月なので、ガレットデロワが並んでいました。

こんなカラフルなピザも。なんていうんだっけ

11時過ぎに行ったんですけど、ランチまでは中途半端な時間。とりあえず家用バゲットとギフト用クッキー購入して、イートインで高級値段のクロワッサンなど2つのパンと、コーヒーを注文。

こちらのクロワッサンはパリパリ系、気を付けていてもパンカスすごいです。あまり好んでは食べないクロワッサンだけど、みなここのクロワッサンが・・的なことをいうので一度は食べてみる。

イートインスペースは最初ガランとしていたのですが、11時半を過ぎたころには満員で。ほかの人の注文をみてみたら、かわいい~くてお得なランチセット、おかずとパンとドリンクのセット。こんなのあるなんて言ってよー

お店の人ったら「セットとかないんですか?」って聞いたとき「ないです」ってそれだけ。あと10分したらランチセットがある、とかなんとか言ってくれてもいいじゃない、しゅん。食べたかったなあのランチセット・・

感じはよかったんですけどね、必要以上には話さないタイプ。

お昼時は人がいっぱいで長居はできません、早々に退散。

このカヌレもおいしそうだったけどなー。たくさん買ったしまったので今度。

で帰ってから食べたバゲットですが。違う、なんか違う。あの時のパリの味じゃない、味が濃くない。しゅん。

やっぱり、パンをこねる時の空気もおいしさの秘密なのかも。職人さんの手からでるパワー?湿気の差とか諸々違うのかも。あとで一緒に行った旅友にその話をしたら「粉はフランスのじゃないかもよ?粉まで輸入すると大変なのよ、コストもかかるし」と。そうかもしれない。

渋谷のヴィロンはフランスの粉袋がでん!っと店内に置いてあって、あぁなるほど、わざわざあそこに置く意味がわかりましたよ。あちゃらのお粉を使ってるんだよとお知らせする意味もあるんですね、。こんなところに邪魔って思ってしまってごめんなさい。

その後、パンフリークさんにおすすめを聞いたら恵比寿アトレに入っている「ル・グルニエ・ア・パン はどうかな?」ということで、さっそくその足で行きました。うん!濃い!

濃い、薄い、ってなんじゃ?ってお思いかもしれませんがw ボキャブラリー不足でごめんなさい、風味と、鼻に抜けるあの感じ。

もっと探せばあるかもしれません。

おいしいバゲット探しは続く。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする