渋谷なのにこの外観。そば粉のガレット【オタンジャティス】

外国にいるような外観でしょ? だけどここは渋谷です。

この日は渋谷BUNKAMURAで映画を見たあと、東急ハンズ前の雑踏をかき分けてきたので、同じ街とは思えない。

IMG_1581

Au Temps Jadis (オタンジャディス)
っていうクレープ屋さんです。場所は渋谷公会堂の近く。

とんとんとんとレンガの階段を下りてって
扉を開けたらこんな感じ。

シンガーNAOちゃん、ええ声ですねんこの方。
お店の雰囲気にマッチしてるよ♪
IMG_1571

夜(というか5時くらいか)に行ったのは初めてなんですがまた違う雰囲気。
お客さんは私たちを含めて2組でとても落ち着いてます。
IMG_1572

ガレット(そば粉クレープ)はこのリンゴのお酒、シードルといただくのが定番ということで、まずは乾杯の1軒目。聞いたらアルコール度数は5%、ビールと同じなので飲みすぎ注意です。

IMG_1574

ここのかわいい器や雑貨は、上の階の同じ経営(だと思う)のフレンチ雑貨屋さんで買う事が出来ます。

ガレット(フランス語: galette)は、フランス北西部の郷土料理である料理・菓子の名称。「円く薄いもの」を意味するが、特にそば粉のガレットを指すことも多い。

 

おかず系と甘いスイーツ系を1つづつ。

おかず系はハム、チーズ、ナイフで切ったら半熟卵がとろ~り。うひょ~っ、
そしたらここでハプニング!実はNAOちゃんは生卵が食べられないという事実が判明!え~なんとっ。火の通した卵はOKだけど、生は・・。ということで、これは私がペロリと一人でたいらげて。

IMG_1575

甘い系はキャラメルとくるみ

IMG_1578

くるみがごろごろ入ってるよ、コオバしくておいしい

IMG_1580

おかず系のほうはパリッとしていて
スイーツのほうはもっちりしたクレープ生地。
気になったので、つくり方が違うのですか?ってきいてみたら
パリッとしたほうがそば粉を使ったほうで、
もっちりは小麦粉なんだそう。たしかにそのほうが合います。

シードルでいい感じで酔っ払い、さて次のお店は?・・
最終3件目のダブリンバーまで、面白いお店に行ってきたのでまた書きます!

寒さを忘れるほどよく笑ったHOTな渋谷の夜でした。







コメントを残す