AX ヒガシヤマンの桜餅




ヒガシヤマン(HIGASHIYA)の桜餅

ヒガシヤは銀座にある素敵な和菓子やさんで、このホームページ、どうですか、気分があがらずにはいられません。https://higashiya-shop.com/

銀座のお店に初めてお店に行ったときはその丁寧なお仕事ぶりに感動したんですが、そのヒガシヤ、にマンがついたお店、ヒガシヤマンというセカンド的なお店が表参道にあります。表参道とは別に最近、丸の内にも出来たとのニュース。

マンはおまんじゅうのマンだそうで、京都ではお饅頭のことはオマンって言ったりしますけど、そんな感じかな?知らない人だと、ウルトラマンのマンみたいですね。

表参道のヒガシヤマン。春に行った時の写真です。

狭い店内ですので2組も入ると満員。外で待つことになります。

季節の和菓子、プッシュ商品の「焼桜」

「ヒガシヤギンザの節気餅」は、日本人の豊かな感性によって育まれた暦「二十四節気」にちなみ、職人による朝生菓子のつくりたてならではの美味しさをお愉しみいただける行事です。

二十四節気では「啓蟄」の頃、今回は「焼桜」をご用意いたします。
焼いた餅生地と香り高い桜の葉で、甘さ控えめのこし餡を包んだ
HIGASHIYAオリジナルの朝生菓子です。

たまたま行ったらあったので買うことができましたが、これ、販売時間も限られているレア商品。友人の分も購入しました。竹皮の包みを開くと桜の香りがふぉゎ~ん。ん~春の香り(くんくん、くんくん)何度も香りをかぎましたよ。

桜の葉ごとぱくり。なんて繊細な、漉し餡、上品な甘さ。丁寧です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする