AX マーガリンが毒!トランス脂肪酸が体の不調、もしかして油?

マーガリンが毒!トランス脂肪酸が体の不調、もしかして油?

トランス脂肪酸は欧米では 狂った油、プラスチック油と言われていて、制限が入っているそうです。きっと日本でもそうなるはず。

農林水産省も注意発起が出ていてこんな風に言ってますよ。

トランス脂肪酸に関する情報

マーガリンやショートニング
クッキーや菓子パンに食感を良くするために使われている。
コーヒークリーム(フレッシュ)も危ない。

植物性とうたっててもトランス脂肪酸の塊なのです。
容器がプラスティック、中身もプラスティック。
常温でも腐らないのは加工してあるから。

無くならないのは
クッキーとかマーガリンってそれがないと作れないからだけど
確かに昔の昭和時代は何も考えず大量消費していたんだし。
今更気にしても・・って思うけど

そういうのを気にしないでいると

悪玉コレステロールを増やす
心筋こうそくなどの心疾患が増えることが判明。

活性酸素が増えて酵素を減らす ⇒ 老化

アレルギーやアトピーとかの子供が増えたのもこれが原因では?
っていわれています。

私の場合は便秘、嫌なので
なるべく取らないようにしています。

あとは古い酸化した油も。

酸化(錆びる 変色) した油は使い古しの油とかですが
火を加える事によっても急激に酸化が進む。

ファースフードのポテトは
粉末にして栄養価がなくなった芋を使い古した油で揚げる

どうしても食べたい時は抗酸化成分 
レモンを、そして津付け合わせの体に良いものから食べる。
居酒屋で揚げ物を食べるときは生搾りグレープやレモンサワーとともに。
そして中和させる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク