高尾山4号路最高★お昼に出発しても体力がなくても都内から近いオアシス

午前中に用事を終えて、ふと外を見るとお天気の22度。
こんな陽気に自然に触れないでいつ触れる?と思いたって都内から近いと噂の高尾山へ一人で行ってきました。初めての高尾山。
住所を見たら八王子市高尾町。東京なんですよね(と改めて知る)
よし行こう!と腰を上げ出発したのが12時で、京王線の明大前まで自転車で行って運よくすぐに特急に乗り込め、高尾山の駅に到着したのが13時。

1時間で着くとは驚き!仕事で毎度横浜へ行くより近いよこれ。
行楽シーズンとは思えない電車もすきすき。

DSC00369

はじめに言っておくと体力はないほうなんです。
森林浴はしたいけど楽はしたい。誰かがおぶってくれるならそれが一番。
なのでハイキングとかは気後れするので参加しない
山ガールにはなれない体力ないガール(ガールって歳でもないけど)

こんな私でも楽しめた高尾山でした。

キャ高尾山4号路最高★お昼に出発しても体力がなくても都内から近いオアシスプチャ

この時期は「土日はディズニーランドのようだ」というネット情報だったけど、平日の午後はすいてました♪ 都会の喧騒を避けてやってきた山なのに揉みくちゃ行列は意味がないから、もしそうならすぐに戻るつもりで。
DSC00375

おいしそうなお蕎麦屋さんが一杯あるので帰り食べよう。

DSC00376

ケーブルカーリフトがあって迷ったけど
待ち時間がなく気持ちよさそうなのでリフトにした。

やっほ~ 飛んでるみたいで気持ちがいい。
DSC00382

すれ違うリフトのちびちゃんたちは遠足でもう下山モード
まだまだ元気で、すれ違う度皆が手を振ってくれます。

リフト降りたらこの景色☆ こんなラクしてこの絶景に感動しました。
もう山頂まで行かなくてもいいんじゃ・・ビールもあるし
DSC00389

頂上までここの地点で半分くらいです。

「霊気 満山」と書かれた立派な額があったので展望台でレイキ・ヒーリングしました。手の平がアツアツジンジン。お寺参りの時は手水で冷やすほど。

ケーブルカーの降り口の所に絶景の茶屋発見
高尾山4号路最高★お昼に出発しても体力がなくても都内から近いオアシスDSC00390
こんな絶景なかなかないよ
お昼はこちらで食べることにしました。
DSC00393

三角コーナー猫のひたいほどのスポットなのだけど、
ここすごーくいいです。
DSC00394

高尾山に到着してやたら目にした【とろろ】を。
とろろはまぁ普通だけどこの絶景なので満足です。
DSC00395
山コーヒーも堪能し

【さる園】に入場。420円
DSC00397

ほかのモンキーパークのように触れ合えるかと
餌を手渡ししたり、一緒に写真とれたりするかと思って入ったんだけど
ん~ここは1度でいいかも。
DSC00398

動物園のサル山がひとやまあるだけで触れ合えるわけではありません。

DSC00400

お猿さんが元気に生活できる維持費を寄付したと思えば満足かな。

下へ降りると植物園のようになっていて貸切の気分になれるのは良かったです。
宝探しのように、ちょこちょこを仏さんを発見できます。
弁財天かな・・七福神の布袋さんとか居はったので神様か。いやいや仏教のくくりでいいはず。
高尾山4号路最高★お昼に出発しても体力がなくても都内から近いオアシス

大原三千院のような石像もあり、ほころぶ。
DSC00406

15分の滞在【サル園】を後にして、もう少し上がると
タコ杉というご神木、立派な根っこに感動。生きているようです。
DSC00411
ラクして屋久島へ行った気分・・抱き付いて頬ずりしようと思ったら
触るなって書いてあって、おっ気が付いてよかった。

隣には引っぱり蛸
これは触ってもいいのかな?蛸の頭ツルツルなのでさわってもいいという事で、引っ張りだこの人気者になれますように。。
DSC00413

山へ行くと根っこの精霊がいると感じます。
DSC00419

高尾山のメインのお寺は薬王院
お寺お馴染みの参道へ入った時から軽くずっと上り坂でぜいぜいするのだけど
だーん!第一の関門の大階段
これを見上げてしばし迷う、上がろうか引き返して歩きで下山するか。
DSC00420

見上げていると何組もの老夫婦や年配の人がスタスタと通り過ぎ・・
これは上がらないとな、まずは薬王院まで頑張ってみよう。

友人から京都の鞍馬より楽と聞いていたのです、
おし登ってやる!もし頂上まで行けたらソフトクリーム食べてやる!

耳がどうしたのかな。
DSC00418

仏舎利塔へ続く道 覚悟を持って上がれ的な門です。
若抜け門というのは 私だけかな・・男性の頭、若くして毛が抜けるといった連想。ここは男性は通りたがらないのでは?
DSC00421

2記事にわけようと思ったけど一気にいっちゃう。

薬王院の入口です。
DSC00424

ご朱印を書いていただくその間も息が整わず鼻息あらく
「頂上まであとどのくらいですか?」とお坊さんに聞くと、
「んっ、もうすぐですよ」と。
DSC00429

見下ろすとこんなでDSC00425

見上げるとこんなん。
ほんとにもうすぐか?ここで2回目のくじけ。
DSC00426

路が狭いので人とすれ違うのも気を遣う感じ
きつくて余裕がなく写真は撮ってないけどこの後、第3のくじけ、第4のくじけ階段があります。

DSC00431

あっシャガ!きれい。
DSC00415

頂上付近 ひざ ガクブル。
これは明日・・いやあさって筋肉痛になるぞ。
ここで半袖になる。

DSC00432

ついた・・・(ぜいぜい)
DSC00433

DSC00434

わぁ~。きれい。
高尾山4号路最高★お昼に出発しても体力がなくても都内から近いオアシス

寒がりなんでダウンジャケット持ってきてたけど山頂でもいらなかったな、脱げるだけ脱ぎましたよ。外人さんはノースリーブの人多いね、皮膚が厚いのかな、皆けっこう薄着でした。

深呼吸しまくり、しばらくぼ~としてると・・山ボーイが横に座り「今日は富士山はシルエットだけね」「冬は景色もっといいよ」と写真をみせていただく。もう何度も来ているベテランさんでした。「帰りは4号を通るといい」と聞いたのでそちらへ向かって下山しました。

お寺のさっき来た道を戻ってもよかったけど、狭い道ですれ違う人も多くなるのです。あの道はお寺と階段と砂利の参道がメイン、ごちゃごちゃして自然を楽しめないかも、思い描く森林浴とは違うかな・・と違うルートにしました。

山頂からしばらく歩くとわかりやすい分かれ道がありいろはの森のほうへ降ります。これがこの山の最大の気持ちよかったお値打ちスポットでした。
高尾山登山コース/4号路
DSC00438
登山コースとなっているけど、登山は勘弁です、下りのみが気持ちがいい。
山登りの人じゃない一般人は「こんなはずじゃなかった」といった悲惨な顔で登ってきました。 私の頂上付近のような(笑) 急な階段と坂が多いですから。
山って人とすれ違うと「どうも~」とか「こんにちは~」とか声を掛け合うのですね。いい風習。だけどこの4号ですれ違う人は皆声がクタクタでおっちゃんも裏声になるほど。私が上がってきたお寺のルートよりもしんどそうでした。

あっここ、ゴザひいてお弁当スポットにいいかも
ヨガマットをひいてヨガも出来るよ。
DSC00444

自然を独り占め!動画を撮りました☆

こんな靴なんですよ。服も普通、部屋着そのまま出てきたような軽装
だけど大丈夫。
DSC00441

あんなにへばったのに下山はスイスイで楽しる。
下りが楽で気持ちがいいのは歩くリズムをつかめるからだと思います。苦しくないから自然の音、色、匂いを感じることできます。

あーー頂上より感動ルート、
ここを通れただけで挫折せず登ってきてよかったと思った。

人とあまりすれ違わない。
このコースはまた来たいです!けど、まずは山頂へ目指さないといけないのね。
DSC00446

春の芽吹き、新緑が美しい。気持ちがいい。

自然の中にいるとみるみる元気になって、みなぎってくるのがわかる。
背中をお陽さまが優しく押してくれるような、何かに守られているような。
オヘソにいいエネルギーがクルクル~って入ってくるような。

吊り橋を渡って
DSC00448

DSC00450

落ちたら終わりなスリル道を抜け
DSC00454

あっ さっき見た、参道手前の門 もうすぐケーブルカー乗り場です。
DSC00455

山頂の4号入口からケーブル乗り場まで
365歩のマーチのテンポでずっと歩けば20分くらい、
途中立ち止まったり休憩するなら40分ほど見ればいいかな。

それで
帰りもリフト!と思ったら4時で終わり。この時4時1分。あぁ終わりギリギリアウト。
という事でケーブルカーで帰りましたが、やはりリフトのほうが鳥になって飛んでるみたいで気持ちがいい。
DSC00457
でここで聞いたのが、朝8時、9時がラッシュのようなんです。ケーブルも並ぶらしい、混むって。
午後からでも楽しめるか検証というテーマでやってきたので、私はこの日13時に高尾山へ来たけど、これ、あと1時間早く来ればちょうど楽しめるかな。16時になるとどこも店じまいで、ケーブルを降りて、帰りに入ったふもとの高橋家という蕎麦屋さんも(えっ今から?)っみたいな一瞬そんな雰囲気もあったので。ラストオーダーまで1時間あったけどね。
DSC00459
お蕎麦6割でめちゃおいしかったです。

あっ犬!!願いがかないました ☆☆☆
DSC00460
展望台でレイキした時に最後にイメージしておいたんです。
「楽に森林浴が出来ました、犬を触りまくれました、おおきにありがとう・・」ってアファメーション。
DSC00462

犬好きなんですが飼ってないんで。
犬と遊ぶとかなりのセラピーになります。通りがかりの飼い主さんに「さわらせてもらっていいですか?」ってのはよくあるけど、このお蕎麦の犬は、つながれっ放しで飼い主が居なくて犬と2人きり。こんな機会めったにない!気兼ねなくわしゃわしゃ触りまくれました。
ヒートテックの腹巻をかじられて引っ張られ、破ぶられちゃったけど。
そうか・・もうそろそろ暖かくなったから腹巻は手放していいよということか。

____________________

冬がダメダメになって籠っていたもんだから
20度のポカポカ陽気はもう何をやっても幸せに感じ。

だけど最近、気を付けないといけないと思ったのは
こういった春の力強い季節が弱い人もいるという事。
自分が気持ちがいいからと言って誰でも誘ってはいけない。

BALIのヒーリングの先生いわく、アーユルヴェーダでいうとカパの季節で
芽吹きや上昇のエネルギーにつられヤル気もでてくる人もいれば、
逆に憂鬱になる人もいるという。

こういう森林浴やお寺って一人で行ったほうが
いろいろ感じられていいと思う。

このブログを書きながら心地よい疲れがやってきました。
今日はよく寝られそうです。







コメントを残す