YouTubeの最初に流れるCM(動画広告)のしくみ

ソチオリンピックの開会式すごい良かったなって思いました。

センスが良かった!私の好きなザハロワも踊ってくれたし、ハイテクを屈指して一体感があったなって。大人から子供まで万人を楽しませる演出って難しいのによくまとまった気がします。

五輪の電飾が1つつかなかったハプニングもあったようだけど
そんなのは吹っ飛ぶほどの演出。
キャプチャhttp://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140208-00000006-asahi-spo.view-000

そのあと、日本開催だった長野オリンピックってどんなだったかなと
YouTubeでみてみたんですが、私感、あまりかっこよくないです。
お昼の開会式ってのもあるけど、なんかこう、
日本人ができる可能性がぜんぜん生かされていない感じがしました。

今度の東京オリンピックはそのへんセンスよく
世界中の人をあっと思わす演出にしてほしいな。

その後、YouTubeでフィギュアの昔の試合とか見たりして、カルガリーの伊藤みどりを見つけて感動したり・・気がついたら時間が経ってて
YouTubeって気がついたらサーフィンしちゃってますね。

最初は見たい動画を検索かけるんだけど、以後サイドに関連の動画がずら~と表示される、あれがもうサーフィンのきっかけ。興味があるものだから止まんなくなっちゃんです。

そうなると、うっとうしいな・・と思うのがユーチューブの最初に流れるCMです。いつの日からか流されるようになってますが、あぁまたこれか!ってうんざり。

もちろん無料で見られるからこういうのは否定はしないんだけど、
スキップできない動画なんかは集中が途切れてしまって
ちょっとイラっとします、30秒だから結構長いんですよ。

自分もYouTubeにアップロードするんですが、こんな広告は流れてなくて、
ちょっと疑問が膨らんだのでどういうからくりなのか調べてみました。

+++++++++++++++

なるほどアドセンスと同じ、
アップロードする人が任意でユーチューブの会社(Google)と契約するんですね、アップする人が設定して広告を表示させる。
それでそれを見られたら広告費用が払われるしくみです。

キャプチャ
http://www.google.co.jp/ads/video/advertisers/ad-formats.html

YouTubeの動画広告って大まかに3種類で

・再生中に出てくるバナー広告
・スキップできる動画広告
・スキップできない30秒ほどの動画広告(インストリーム動画)

発生する広告費用はどうやって決めているかというと、広告を載せて欲しい会社が決める。1回流されると20円でお願い、とかこれは300円でとか。ほんと広告によってピンキリでアップロードする人はどれを表示させるか決めることはできません、見る人の好みをGoogleが分析して自動的に載せるんですね。

三秒後にスキップできますって出るあれの場合は必ずスキップしてしまいませんか?スキップすると広告費としてカウントされないんですって。

貢献して最後まで見てあげたいけど、エキサイトしている途中は嫌。
サブルミナル効果狙ってますよね、何気なく流れる音楽をあるときふと口ずさむというようなそんな効果。
自動車持ってないのに自動車の広告をじっと見るのは耐えられないわ。

この広告が出る動画の特徴って、だいたい何かで放送された後の二番煎じってのが多い。独自で作った物とか編集したとか、どこかで撮影してきたってのはイメージ壊したくないから入れないですよね広告。
そう思うとユーザーのほとんどに役立ってないし効果薄だと思うんですが。どうなのでしょう。







コメントを残す